熊谷まさひろのブログ

熊谷まさひろのブログです。

スポンサードリンク

わたしは普段、動画に音をつける仕事をメインにしています。

そんな中、CubaseやNuendoで時々読み込めない動画があったので
どのような形式の動画が読みこめないのか
”Adobe Premiere Pro”を使って
複数のパターンで動画を書き出し検証してみました。

ポイントになったのは”ピクセルアスペクト比”です。

注)検証環境はWindows7です。MacやWin8以降はその限りではありません。
  ちなみに、Macは全部読めました。


スポンサードリンク

正方形ピクセルしか読み込めない


色々検証した結果、確実に読めたのは
正方形ピクセルの動画だけ
でした。

2019-10-11_17h40_21


premiere上の設定箇所は下記の画像の場所です。
2019-10-11_17h43_11


  • D1/DV NTSC
  • D1/DV NTSC ワイドスクリーン
  • D1/DV PAL
  • D1/DV PAL ワイドスクリーン
  • アナモルフィック 2:1
  • HD アナモルフィック 1080
  • DVCPRO HD

上記の設定で書き出した動画は、下記の画像のようにすべて読み込むことができませんでした。

2019-10-11_17h39_48

2019-10-11_17h40_052019-10-11_17h40_102019-10-11_17h40_122019-10-11_17h40_152019-10-11_17h40_17

2019-10-11_17h40_19


読めるように変換するには


読み込めない動画がある場合、わたしはpremiereにて
正方形ピクセルに再エンコードをします。

また、steinberg公式には”Apple ProRes”が推奨コーデックと記載があるので

2019-10-11_17h56_35

Apple ProResのコーデックで再エンコードできれば
フリーソフトなどでも変換可能かと思われます。

有名かつ、高機能なのは”xmedia recode”でしょうか。
下記の設定で、読み込める形式に変換できました。


2019-10-11_17h58_25


下記の画像のように、読み込み可能になりました。
2019-10-11_18h00_20


しかし、動画によっては映像が乱れたりすることもあったので
失敗する可能性もあるかもしれません。


変換が難しいばあい


正直に動画製作者に「読み込めません」と言いましょう。
最終的な媒体がなんであっても、音声制作の現場は
少しぐらい縦や横に動画が伸びても支障はありませんので
読み込める形式で再書き出ししてもらうのが一番いいです。



スポンサードリンク


最後に


DAWの映像関連はOS依存です。
おそらくWin10ならはすべて読めるのでは?と考えていますし、
Macならば今回検証した動画はすべて読み込めました
Win7でがんばってる場合じゃないですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Cubaseには”プール”と呼ばれている画面があり
そこには、プロジェクトで使用しているファイルの一覧が並びます。

2019-07-17_15h41_08


実験していたら、とんでもない隠し機能があったので紹介します。


プールからフォルダへファイルのコピーができる



ちょっと信じられない機能なのですが、試してみてください。
使い方次第では、化けます。



  1. ファイルを選択します。
    2019-07-17_15h43_25


  2. Ctrl+Cでコピーします。
    2019-07-17_15h43_25


  3. ブラウザで適当なフォルダを作り、Ctrl+Vペースト
    2019-07-17_15h45_27

    ↑Ctrl+Vだよね。画像修正するの面倒なのでスルーで

どうですか?衝撃的じゃないですか?


具体的な使い方を紹介します。


レンダリングファイルを簡単に書き出せる




2019-07-17_15h48_04


上の画像を見てください。
1段目のトラックが、録音したトラックで
2段目が、エフェクトを適用してレンダリングしたトラックです。
全部で600個以上のイベントがあります。


  1. 下のレンダリングしたイベントを選択します。
    2019-07-17_15h49_33


  2. ”Audio”-”選択したイベントをプール内で検索”を実行します。
    2019-07-17_15h51_32


  3. 先ほど選択したイベントだけ、プール内でも同じ用に選択されます。
    2019-07-17_15h52_50

あとは、適当なフォルダへコピペするだけです。
2019-07-17_15h53_55



おわりに

他にも便利に使えそうな機能です。
本来は、レンダリング先を別フォルダにすれば解決するのですが、
たまに間違ってプロジェクトのフォルダにレンダリングしてしまったりします。
やり直すよりはこっちの方が早いし、安全です。

お試しあれ

2019-07-17_15h45_27

↑Ctrl+Vな

スポンサードリンク

今日、楽曲の書き出しに”プチノイズ”がのってしまう現象に遭遇しました。
最初は、録音時に発生したノイズがと思って処理していたのですが、
元ファイルにはそれらしいノイズがありません。
再生&書き出しを行うときにどこかでノイズがのってしまうのです。
原因はわからず終いでしたが、なんとか対処できたのでメモします。


スポンサードリンク

開始位置を後ろにズラしたらノイズが消えた


結論から書きますが、曲のスタートを
2小節目から初めていたのを、ぐーっと後ろにずらして
思い切って20小節以降からに変更したらノイズが消えました。
2019-06-29_18h23_44
全選択して移動しただけです。

症状の詳細を書きます。


ノイズがのる位置が再生箇所によってかわる


曲を再生すると、0秒~4秒あたりでプチッと何回か鳴ります。

ノイズの正確な場所を確認しようと思い、ノイズのちょっと前から再生すると
先ほどの場所でノイズが鳴りません。

変わりに別の場所でノイズがなります。


元のデータに目立ったノイズはない


2019-06-29_18h29_12

ごらんの通り、波形上はノイズになるようなスパイクはありません。
ですが、再生するとノイズがなります。
そして、書き出したデータにも再生した時と同じようにノイズがのって
波形にもそれが見て取れます。
2019-06-29_18h40_38


しかし、再生位置を後ろにずらして書き出したものには
ノイズは見られません。

2019-06-29_18h40_19



原因はたぶん・・・


原因は多分、CPU負荷かHDDの読み込み系だと思います。
昔のDAWは1小節目は正確に再生できない特徴がありました。
それを防ぐ目的で2小節目からプロジェクトをスタートする慣例があったのですが
そのときの経験が少し生きたかな・・・と思いました。

スポンサードリンク

おわりに

再現性低いと思いますが、お役にたてれば。

スポンサードリンク

CubasePro10はフルインストールすると20GB以上あります。
PCの残り容量によっては、インストールできない人もいると思うので
外付けHDDなどにインストールする方法を紹介します。


スポンサードリンク


インストールまでの流れ

まずは、公式サイトからCubaseのインストールに必要な
ダウンロードマネージャーをダウンロードします。

スクリーンショット 2019-05-11 13.16.56


次に、ダウンロードしたファイルを開き、インストールします。
スクリーンショット 2019-05-11 13.16.56(2)

スクリーンショット 2019-05-11 13.17.25

スクリーンショット 2019-05-11 13.17.40


どんどん次へいきましょう。


スクリーンショット 2019-05-11 13.18.01

ダウンロードアシスタントのインストールが終わりました。
次に、Cubase本体をダウンロード&インストールします。



ダウンロードアシスタントを起動



先ほどの画面で”終了”をクリックすれば
アシスタントが起動します。

スクリーンショット 2019-05-11 13.18.15


左側で購入した”Cubase”を選択しましょう。
スクリーンショット 2019-05-11 13.18.46


右側でダウンロードするものを選択します。
Full”とついているものがダウンロード必須項目です。
画像のようにアップデートファイルがある場合は、それもダウンロードしましょう。

スクリーンショット 2019-05-11 13.19.19


この時点でダウンロードに必要な空き容量がない場合、下記画像の赤枠内の箇所を
外付けHDDなどにしましょう。

スクリーンショット 2019-05-11 13.19.191


次からインストールです。


インストール


ダウンロードが完了したら、”開く”をクリックします。

スクリーンショット 2019-05-11 14.45.00

他のアプリケーションのインストールと一緒です。
どんどん進みましょう。
スクリーンショット 2019-05-11 14.45.12

スクリーンショット 2019-05-11 14.45.31


保存先を変更する

あとで変えるので、内蔵HDDを選択して続けるをクリックしましょう。
スクリーンショット 2019-05-11 14.47.02


当然、空き容量が足りないので、警告がでます。
”キャンセル”してください。

スクリーンショット 2019-05-11 14.47.20


すると、下記の画像のような画面が出ます。
ここで、保存先を別のドライブに変更できます。

スクリーンショット 2019-05-11 14.48.15


”場所”をクリックして、”その他”を選択します。
スクリーンショット 2019-05-11 14.48.29


外付けHDDを選択して、”Cubase”など、自分でわかりやすいフォルダをつくります

スクリーンショット 2019-05-11 14.49.13

スクリーンショット 2019-05-11 14.48.151


これで、空き容量が少ないPCでもCubaseをインストールすることができます。

スクリーンショット 2019-05-11 15.02.53

終わったらインストーラーは削除しましょう。使わないので。


おわりに

僕は、サードパーティー音源は外付けHDDに入れています。
ですが、ホストDAWは、サンプルライブラリ含めすべてシステムと同じドライブに
保存しています。

理由はその方が色々と安定して楽だからです。

なので、おすすめはシステムドライブの空き容量を確保することです。

↑このページのトップヘ