熊谷まさひろのブログ

熊谷まさひろのブログです。

スポンサードリンク

私はYAMAHA防音室”アビテックス1.2畳タイプ”を所持しています。
引っ越しに伴い、防音室も移設したのですが
その際の移設作業を”ジモティー”を通して
”東京サウンドボックス”さんに依頼
しました。


なぜジモティーを使ったのか?
結果はどうだったのか?

簡単に書きまとめたいと思います。


スポンサードリンク


移設時の移動距離や必須作業内容

移設元は4階のエレベーターなし
移設先は1階
移動距離は10km以下
エアコン付きの防音室


エアコンの取り外しや取り付け費用
クレーン作業費、あるいは4階からの手おろしの手間賃などがかかります。
ほかに
・解体費用
・梱包費用
・設置費用

など、業者によって細かい内訳があります。

実際に依頼しなかった業者名はふせて、料金もざっくりと書いていきます。



YAMAHA指定業者は費用20万円


移設は初めてだったのでYAMAHAに問い合わせたところ
移設を請け負っていただける業者を紹介していただきました。
納品時にも運んで頂いた業者です。
さっそくそちらに見積もりをお願いしたところ
クレーン作業費込みエアコン取り外しと取り付け(専門業者)で
約20万円とお見積もりをいただきました。

(注)2020年9月現在の料金です。

私が勝手に予想していた料金の2倍以上です。

4階のエレベーターのないマンションからの搬出ですから
クレーン費込みであれば妥当かつ当然な料金だと思います。


ですが、ちょっとぐらい安くならないかと
インターネットで検索してみるのもありかなと感じて
もう1社に見積もっていただきました。



別業者16〜18万(うろ覚え)



最初の業者さんよりは確実に安かったのですが
出先での電話だったので詳しく覚えていませんすいません。
クレーンが必要なく、手で降ろせるなら13万とも言っていました。
正直格安です。

もうちょっと探してみよう。


ジモティーで見つけた



ジモティー
というサイトで
防音室の中古販売や移設などを請け負っている方を発見しました。
「まぁ大丈夫そうか」と思い問い合わせてみました。

動画があるっていまどき信用度高いんですね。


移設費用約10万円(エアコン別)



ちょっと驚く値段でした。
以下、見積もりのコピペです。


-----------
クレーン無しで搬出できると仮定して、以下の通り見積もりを出させて頂きます。 移設基本料 78,000円 4階手下げ加算 25,000円 合計103,000円になります。 エアコンに関しては当方で5,000円で取り外し、運搬可能ですが、取り付けは別途業者様にご依頼いただく形になります。そちらは設置環境や業者様によって幅がありますが、1〜2万円ほどの見積もりになるかと思います。
------------


エアコン取り付け費を含めると、先の業者の13万円(クレーンなし)と大体一緒ですね。
先の業者はエアコン取り付けは別途かかったかもしれません。忘れましたすいません。
面白そうなので、ジモティーの人に頼んでみることにしました。
安いし。


エアコンは後日設置することにした



っ越し時期が9月ということもあり
当分はエアコンがなくてもやっていけるので、
今回はエアコン取り外しのみで取り付けは行ってもらいませんでした。

なのでかかった費用は103,000円のみです。

10年間防音室を使っていますが
エアコンは必須です
夏場は15分といられないので絶対付けましょう。


二人で4階から手降ろし



防音室は重い
です。
分解できますが、ひとつのパネルが軽くても20kgとかあります。
助手の方と二人で4階からするすると降ろして行きます。
同じ人間とは思えませんでした。


2020 09 19 14 11 41

設置もちゃんとしてた



当然ですが、床レベルもしっかり調整してます。
どんどん組み上がって行きます。
わたしは隣の部屋でコーヒーを飲んでいました。


2020 09 19 16 10 01
2020 09 19 16 21 40
2020 09 19 16 37 22
2020 09 19 17 20 40
2020 09 19 17 20 54

今回はエアコンの配管は繋ぎませんが、一応室内に取り付けてもらいました。
吸排気を行う換気扇は壊れていたのでつけません。
引き取ってもらえました。ラッキー!


所要時間大体4〜5時間



移設の作業スピードは
特に遅いとかそういったことはありませんでした。

納品時はYAMAHA指定の業者さんに設置してもらいましたが
ほぼ同じぐらいの所要時間だったかと思います。
10年前なので定かではありませんが...。


壊したら?保証は?


大手さん以外に依頼する場合ここが一番気になります。
事前に聞いてみました。
以下コピペ


---------
移動中の防音室の管理は当方で責任を持って行っており、大きな破損、ダメージができた場合は、無料で修理、同等品以上の防音室と交換させていただいております。
---------


保険加入とかじゃないですが、防音室を買い取り、修理して販売してるし
まぁ、大丈夫か。と
実際に事故は一切ありませんでした


スポンサードリンク

まとめ



頼んでよかった
です。
当初の半額になったのが一番大きな利点ですが
当日や前日までのやりとりもしっかりしていて、単純に良い人でした。
機会があればさらなる防音工事なども相談させてもらおうかと考えています。


スポンサードリンク

わたしは普段、動画に音をつける仕事をメインにしています。

そんな中、CubaseやNuendoで時々読み込めない動画があったので
どのような形式の動画が読みこめないのか
”Adobe Premiere Pro”を使って
複数のパターンで動画を書き出し検証してみました。

ポイントになったのは”ピクセルアスペクト比”です。

注)検証環境はWindows7です。MacやWin8以降はその限りではありません。
  ちなみに、Macは全部読めました。


スポンサードリンク

正方形ピクセルしか読み込めない


色々検証した結果、確実に読めたのは
正方形ピクセルの動画だけ
でした。

2019-10-11_17h40_21


premiere上の設定箇所は下記の画像の場所です。
2019-10-11_17h43_11


  • D1/DV NTSC
  • D1/DV NTSC ワイドスクリーン
  • D1/DV PAL
  • D1/DV PAL ワイドスクリーン
  • アナモルフィック 2:1
  • HD アナモルフィック 1080
  • DVCPRO HD

上記の設定で書き出した動画は、下記の画像のようにすべて読み込むことができませんでした。

2019-10-11_17h39_48

2019-10-11_17h40_052019-10-11_17h40_102019-10-11_17h40_122019-10-11_17h40_152019-10-11_17h40_17

2019-10-11_17h40_19


読めるように変換するには


読み込めない動画がある場合、わたしはpremiereにて
正方形ピクセルに再エンコードをします。

また、steinberg公式には”Apple ProRes”が推奨コーデックと記載があるので

2019-10-11_17h56_35

Apple ProResのコーデックで再エンコードできれば
フリーソフトなどでも変換可能かと思われます。

有名かつ、高機能なのは”xmedia recode”でしょうか。
下記の設定で、読み込める形式に変換できました。


2019-10-11_17h58_25


下記の画像のように、読み込み可能になりました。
2019-10-11_18h00_20


しかし、動画によっては映像が乱れたりすることもあったので
失敗する可能性もあるかもしれません。


変換が難しいばあい


正直に動画製作者に「読み込めません」と言いましょう。
最終的な媒体がなんであっても、音声制作の現場は
少しぐらい縦や横に動画が伸びても支障はありませんので
読み込める形式で再書き出ししてもらうのが一番いいです。



スポンサードリンク


最後に


DAWの映像関連はOS依存です。
おそらくWin10ならはすべて読めるのでは?と考えていますし、
Macならば今回検証した動画はすべて読み込めました
Win7でがんばってる場合じゃないですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Cubaseには”プール”と呼ばれている画面があり
そこには、プロジェクトで使用しているファイルの一覧が並びます。

2019-07-17_15h41_08


実験していたら、とんでもない隠し機能があったので紹介します。


プールからフォルダへファイルのコピーができる



ちょっと信じられない機能なのですが、試してみてください。
使い方次第では、化けます。



  1. ファイルを選択します。
    2019-07-17_15h43_25


  2. Ctrl+Cでコピーします。
    2019-07-17_15h43_25


  3. ブラウザで適当なフォルダを作り、Ctrl+Vペースト
    2019-07-17_15h45_27

    ↑Ctrl+Vだよね。画像修正するの面倒なのでスルーで

どうですか?衝撃的じゃないですか?


具体的な使い方を紹介します。


レンダリングファイルを簡単に書き出せる




2019-07-17_15h48_04


上の画像を見てください。
1段目のトラックが、録音したトラックで
2段目が、エフェクトを適用してレンダリングしたトラックです。
全部で600個以上のイベントがあります。


  1. 下のレンダリングしたイベントを選択します。
    2019-07-17_15h49_33


  2. ”Audio”-”選択したイベントをプール内で検索”を実行します。
    2019-07-17_15h51_32


  3. 先ほど選択したイベントだけ、プール内でも同じ用に選択されます。
    2019-07-17_15h52_50

あとは、適当なフォルダへコピペするだけです。
2019-07-17_15h53_55



おわりに

他にも便利に使えそうな機能です。
本来は、レンダリング先を別フォルダにすれば解決するのですが、
たまに間違ってプロジェクトのフォルダにレンダリングしてしまったりします。
やり直すよりはこっちの方が早いし、安全です。

お試しあれ

2019-07-17_15h45_27

↑Ctrl+Vな

スポンサードリンク

今日、楽曲の書き出しに”プチノイズ”がのってしまう現象に遭遇しました。
最初は、録音時に発生したノイズがと思って処理していたのですが、
元ファイルにはそれらしいノイズがありません。
再生&書き出しを行うときにどこかでノイズがのってしまうのです。
原因はわからず終いでしたが、なんとか対処できたのでメモします。


スポンサードリンク

開始位置を後ろにズラしたらノイズが消えた


結論から書きますが、曲のスタートを
2小節目から初めていたのを、ぐーっと後ろにずらして
思い切って20小節以降からに変更したらノイズが消えました。
2019-06-29_18h23_44
全選択して移動しただけです。

症状の詳細を書きます。


ノイズがのる位置が再生箇所によってかわる


曲を再生すると、0秒~4秒あたりでプチッと何回か鳴ります。

ノイズの正確な場所を確認しようと思い、ノイズのちょっと前から再生すると
先ほどの場所でノイズが鳴りません。

変わりに別の場所でノイズがなります。


元のデータに目立ったノイズはない


2019-06-29_18h29_12

ごらんの通り、波形上はノイズになるようなスパイクはありません。
ですが、再生するとノイズがなります。
そして、書き出したデータにも再生した時と同じようにノイズがのって
波形にもそれが見て取れます。
2019-06-29_18h40_38


しかし、再生位置を後ろにずらして書き出したものには
ノイズは見られません。

2019-06-29_18h40_19



原因はたぶん・・・


原因は多分、CPU負荷かHDDの読み込み系だと思います。
昔のDAWは1小節目は正確に再生できない特徴がありました。
それを防ぐ目的で2小節目からプロジェクトをスタートする慣例があったのですが
そのときの経験が少し生きたかな・・・と思いました。

スポンサードリンク

おわりに

再現性低いと思いますが、お役にたてれば。

↑このページのトップヘ