熊谷まさひろのブログ

熊谷まさひろのブログです。

スポンサードリンク

CubasePro10はフルインストールすると20GB以上あります。
PCの残り容量によっては、インストールできない人もいると思うので
外付けHDDなどにインストールする方法を紹介します。


スポンサードリンク


インストールまでの流れ

まずは、公式サイトからCubaseのインストールに必要な
ダウンロードマネージャーをダウンロードします。

スクリーンショット 2019-05-11 13.16.56


次に、ダウンロードしたファイルを開き、インストールします。
スクリーンショット 2019-05-11 13.16.56(2)

スクリーンショット 2019-05-11 13.17.25

スクリーンショット 2019-05-11 13.17.40


どんどん次へいきましょう。


スクリーンショット 2019-05-11 13.18.01

ダウンロードアシスタントのインストールが終わりました。
次に、Cubase本体をダウンロード&インストールします。



ダウンロードアシスタントを起動



先ほどの画面で”終了”をクリックすれば
アシスタントが起動します。

スクリーンショット 2019-05-11 13.18.15


左側で購入した”Cubase”を選択しましょう。
スクリーンショット 2019-05-11 13.18.46


右側でダウンロードするものを選択します。
Full”とついているものがダウンロード必須項目です。
画像のようにアップデートファイルがある場合は、それもダウンロードしましょう。

スクリーンショット 2019-05-11 13.19.19


この時点でダウンロードに必要な空き容量がない場合、下記画像の赤枠内の箇所を
外付けHDDなどにしましょう。

スクリーンショット 2019-05-11 13.19.191


次からインストールです。


インストール


ダウンロードが完了したら、”開く”をクリックします。

スクリーンショット 2019-05-11 14.45.00

他のアプリケーションのインストールと一緒です。
どんどん進みましょう。
スクリーンショット 2019-05-11 14.45.12

スクリーンショット 2019-05-11 14.45.31


保存先を変更する

あとで変えるので、内蔵HDDを選択して続けるをクリックしましょう。
スクリーンショット 2019-05-11 14.47.02


当然、空き容量が足りないので、警告がでます。
”キャンセル”してください。

スクリーンショット 2019-05-11 14.47.20


すると、下記の画像のような画面が出ます。
ここで、保存先を別のドライブに変更できます。

スクリーンショット 2019-05-11 14.48.15


”場所”をクリックして、”その他”を選択します。
スクリーンショット 2019-05-11 14.48.29


外付けHDDを選択して、”Cubase”など、自分でわかりやすいフォルダをつくります

スクリーンショット 2019-05-11 14.49.13

スクリーンショット 2019-05-11 14.48.151


これで、空き容量が少ないPCでもCubaseをインストールすることができます。

スクリーンショット 2019-05-11 15.02.53

終わったらインストーラーは削除しましょう。使わないので。


おわりに

僕は、サードパーティー音源は外付けHDDに入れています。
ですが、ホストDAWは、サンプルライブラリ含めすべてシステムと同じドライブに
保存しています。

理由はその方が色々と安定して楽だからです。

なので、おすすめはシステムドライブの空き容量を確保することです。

スポンサードリンク

Cubaseは、上下矢印キーを押したときの挙動に特徴があります。
ひとつ下のトラックを選択したくて、”↓”を押しても
全然違うトラックが選択されることがよくあります。
設定で変えられるので、気になってる方はやってみるといいですね。

2019-05-05_20h01_42


スポンサードリンク


上下矢印キーをトラックの選択だけに使う


”環境設定”→”編集操作”→”上下矢印キーをトラックの選択だけに使う”
下記画像の赤枠にチェックをいれます。

2019-05-05_19h58_36

これで、上下キーでトラック選択できます。



デフォルトではパート選択になっている



デフォルト状態ですと、チェックが外れています。
その状態で、上下キーを入力すると
以下の画像のようになります。

2019-05-05_20h01_42

2019-05-05_20h02_10

画像を見てもらえばわかると思いますが、”トラック単位”ではなく
”イベント単位”で上下キーが動作します。


スポンサードリンク

おわりに



イベント単位も便利そうですが、トラック単位で矢印が動く方が常識的だと思います。

スポンサードリンク


Xmedia Recodeを使って動画の音声を差し替えたい。
いつもちゃんと出来ていたのですが、突然うまくいかなくなって
解決まで時間がかかったので、書いておきます。
技術的な問題ではなく、あーそんなことかって程度の話です。

2019-04-24_20h28_371


音声差し替えの方法は他のサイトを見てください。


スポンサードリンク

音声をインポートできない


細かい手順は省きます。


  1. 動画を読み込む
  2. 動画の音声を削除する
  3. 差し替えたい音声をインポートする



③番のところでつまずきました。
ちゃんとやってるのに、下記の画像のように
ソース欄にインポートした音声が表示されません。

2019-04-24_20h28_37



表示されていないだけだった


何かの拍子で表示設定が変わっていたみたいです。
2019-04-24_20h32_30

2019-04-24_20h34_18

画像ちゃんと見れましたか?
音声ファイル名を表示する列が短すぎて見えないだけでした。


ちゃんとインポートできていたのに、見えてないだけだったんですね。

無事解決しました。


以下補足


mp4にwavファイルはインポートできない


mp4形式ではwavファイルは格納できません。
AACなどの圧縮ファイルにする必要がありますので
圧縮したくない場合はmov形式にするといいです。

スポンサードリンク

プロジェクト終盤で、グループ分けから漏れたトラックを探すことってありませんか?
”Stereo Out”に出力設定されてるトラックだけ表示できたら
漏れがすぐ確認できて便利なのになー。と思ってたら、当然のごとくそんな機能がありました。
便利なので紹介します。


スポンサードリンク


”最初に選択したチャンネルとルーティングチャンネルを表示”を使う


日本語が難しすぎて何を言ってるかわかりませんが、最初に述べたとおり
そのチャンネルに出力設定されているトラックだけを表示する機能です。

2019-04-13_19h54_56


実際に使う


たとえば、以下の画像の状態だと、”Group1”と”Group2”の二つのトラックだけが
”StereoOut”に出力設定されています。


この状態で、”StereoOut”を選択し、”最初に選択した.....”を実行すると
2019-04-13_19h57_59


以下の画像のように、”StereoOut”に出力設定されている
”Group1”と”Group2”だけ表示されます。

2019-04-13_19h58_55


元に戻したいときは”全チャンネルを表示”か”表示の変更を取り消し”を実行します。


グループチャンネルにも使える


あるグループチャンネルに出力設定されているチャンネルだけを表示することもできます。
やり方は一緒で、グループを選択した状態で実行するだけです。
2019-04-13_20h01_39

2019-04-13_20h03_02

“Group1”にルーティングされているトラックだけ表示されます。


便利


スポンサードリンク

おわりに


プロジェクト終盤になると、トラック数も多いし、目視確認が困難になります。
結構使えそうな機能なので、覚えておくとよいね。

スポンサードリンク

何年か前に挙動が変わったような記憶があります。
MIDIエディターを開いた状態で、続きを録音しようとすると
別のイベントとして記録されます。


2019-03-30_17h05_00


ボタン一個で対処できたので書きます。


スポンサードリンク


左上の録音ボタンを点灯


エディター左上にある
録音ボタンをクリックして点灯
させましょう。

2019-03-30_17h08_45

2019-03-30_17h10_11


これだけ。

イベントが勝手に伸びて続きが録音できます。

2019-03-30_17h18_48


スポンサードリンク


マニュアルに書いてあった


よくそんなこと知ってるなと、言われますが
マニュアルに不親切な日本語でちゃんと書いてありますので
さくっと目を通して置くことが大事ですよ。

MIDIエディターをクリックしてフォーカスを与えます。

2019-03-30_17h15_57

↑このページのトップヘ