熊谷まさひろのブログ

熊谷まさひろのブログです。

スポンサードリンク

Cubaseはミキサー設定を保存できます。
つまり、AミックスとBミックスを聞き比べたり
自前ミックスとパラアウト用のミックスを瞬時に切り替えられます。
便利なので覚えましょう

↓動画


スポンサードリンク

”選択チャンネルを保存”を使う


まず最初に、保存したいトラックを選択します。
2018-09-07_15h09_12


次に、ミックスコンソール画面の右上にあるプルダウンメニューを開きます。
2018-09-07_15h07_14


”選択チャンネルを保存”を実行します。
2018-09-07_15h10_18


わかりやすい名前をつけて保存します。
2018-09-07_15h12_15
保存場所はプロジェクトと同じフォルダーにした方がいいです。

これで保存ができました。



保存データを読み込んで元に戻す


先ほど保存したミキサーを”Mix_A”として、現在の状態を”Mix_B”とします。
2018-09-07_15h14_59


読み込みたいチャンネルを選択します。
2018-09-07_15h19_14


先ほどと同じように、右上のプルダウンメニューから”選択チャンネルを読み込み”を実行します。
2018-09-07_15h21_05


先ほど保存した”Mix_A”を開きます。
2018-09-07_15h22_17


すぐに切り替わります。
2018-09-07_15h23_45

すごいね

パラアウト前にミキサーをリセットしたいときに、事前に保存しておくと
すごくいいね。
[Cubase]ミキサー全チャンネルを一発で初期化

あとは、ミックス後半で「なんか違うな...」となって
最初からやり直すとか。
A/Bで聞き比べられるから判断もしやすいよ。
[Cubase]キューミックスを作ってリファレンス曲と聞き比べよう


Undoもできる


A/Bチェックしたかったのに、Bを保存するの忘れてた!
なんて事はよくあります。
心配しなくてもUndoで元に戻せるので、あわてずに対処しましょう。
2018-09-07_15h25_32



プラグイン情報も保存できる


もちろん、フェーダーだけじゃなく、プラグインやセンドなどの設定も
保存/読み込みできます。

2018-09-07_15h30_09



注意点


”選択チャンネルを保存/読み込み”とあるように、
チャンネルを選択する必要があります。
選択し忘れのミスは頻発するので気をつけましょう。
Undoできるので大丈夫です。


スポンサードリンク

おわりに


これ、専門的にはSnapShotのReCall(スナップショットのリコール)
という言い方をします。
もし、他のDAWでも同じ事をしたい場合は
StudioOne Snapshotなどでgoogle検索するといい感じのhow toが見つかるかもしれません。

プロフェッショナルな立場の人にこそ需要がある使い方です。
知らない人がいたらどんどん教えてあげましょう。

スポンサードリンク

デフォルトの設定では、テンキーを利用した10番以降のショートカット移動はできません。

2018-08-30_12h10_02

設定次第で10番以降にもショートカット移動できますので、やってみましょう。
Cubaseユーザー必見です。


スポンサードリンク

ショートカットの「マーカーxへ」を使用する

”マーカーxへ”にキーを登録するだけで簡単にできます。
2018-08-30_12h15_56



キー登録の仕方


  1. ”ファイル”→”キーボードショートカット”を開く
    2018-08-30_12h14_54


  2. ”トランスポート”タブを展開します。
    2018-08-30_12h22_07


  3. 下へ移動し、”マーカーxへ”を選択します。
    2018-08-30_12h24_57


  4. 右側にある”キーを入力”ボックスをクリック
    2018-08-30_12h26_02


  5. 好きなキーを入力して”適用”をクリック
    2018-08-30_12h29_26
    おすすめは、テンキーの「Del」 これなら右手だけで使える


  6. 右下の”OK”をクリックして完了
    2018-08-30_12h37_31



実際につかう


さきほど登録したキーを入力すると、”マーカーへ移動:”という入力欄があらわれる。
2018-08-30_12h39_09

あとは、移動したい番号を入力するだけだ。
たとえば13なら、テンキーの”1”と”3”を間を置かずに入力するだけでいい。
2018-08-30_12h41_56


もちろん、100番以降にだって移動可能だ。
2018-08-30_12h44_28

ぜひ使ってみてほしい。


実はNuendoユーザーにおすすめ

Cubaseのマーカー機能はNuendoと比べるとかなり機能が制限されています。
10番以降へのジャンプは、どちらかというとNuendoで真価を発揮するだろうね。
方法はまったく一緒なので試してみてほしい。


スポンサードリンク

おわりに

Cubaseはショートカットを自分好みにカスタマイズすることができます。
便利な機能がまだまだ眠っているので、暇なときにショートカットリストを覗いてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

バラバラのイベントをひとつにまとめる”のりツール”ですが、実は結構キケン
一歩間違うと大惨事です。
最後の方に結論がありますので、短く書くのでちゃんと読んでください。
タメになります。必ず。


スポンサードリンク

クロスフェードが適用されない


以下の画像のようにイベントにクロスフェードを使用したとします。
2018-08-29_11h06_41

これを”のりツール”でひとつにまとめます。


こうなります。
2018-08-29_11h07_49



ダブルクリックで中身をかくにん。2018-08-29_11h08_31


緑で囲んだ箇所はフェードインに変更されています。

気づけばUndoできますが、ありえない挙動なので普通気づきません。
作業量が多ければ悲惨な目にあいます。

解決しましょう。


イベントをパートにまとめる

”イベントをパートにまとめる”コマンドならクロスフェードが解除されません。

  1. まとめたいイベントを選択する
  2. “Audio”→”イベントをパートにまとめる”を実行
    2018-08-29_11h13_01

結果
2018-08-29_11h14_34

しっかりクロスフェードが適用されたままです。
”イベントをパートにまとめる”を使いましょう。

ここから先の文章は検証記事なので飛ばしていいです。



のりツールの挙動を確認する

実は、のりツールでもイベントの数が2以下ならクロスフェードが保たれます。
2018-08-29_11h20_18


イベント数が3つ以降はフェードインになってしまいます。
2018-08-29_11h21_22

覚えておきましょうね。



スポンサードリンク

まとめ

忘れやすいコマンドなので覚えにくいですね。
なので、”のりツールはキケン”と覚えてください。
2018-08-29_11h34_01
いちいち確認しましょう。僕はそうしています。


以上タメになるHow to でした。

スポンサードリンク

Cubaseは動画を取り込むことができます。
しかし、動画によってはCubaseの処理がとても重くなることがあったので
その対処方を記しておきます。


スポンサードリンク

Cubase9.5にアップデートしたら問題が消えた

Cubase9で作業していたのですが、もしやと思い
Cubase9.5でプロジェクトを開きなおしたら
いつも通りサクサク動くようになりました。

一番手っ取り早い対処方です。すぐアプデしましょう。



何が原因か?

おそらくビデオのコーデックの問題かと思います。
Cubaseは、以前まではApple QuickTimeに依存していました。
しかし、Cubase9.5からは新しいビデオエンジンが搭載されたので
QuickTime非対応のビデオでも再生できるようになったのです。
2018-08-08_17h43_46



どのコーデックが再生できないのか

映像のことは無知なのでわかりません。
再生できなかったビデオの詳細を画像でのせときます。
2018-08-08_17h47_01

赤枠で囲んだところが怪しいですね。わかりません。



QuickTime Playerでも再生できなかった

動画をQuickTime Playerで再生してみましたが、まともに再生できませんでした。
やっぱり原因はコーデックですね。


スポンサードリンク

おわりに

9.5にアプデしたくない人は、QuickTimeで再生できる形式で、再エンコしてみるといいかもね。
でもアプデした方がスマートなのでそっちをおすすめします。

スポンサードリンク

SonarworksのReference4をWin7環境で使用していました。
RMEのUCXドライバーをアップデートしたら
うまく動作しなくなったが、サポートに問い合わせたらあっさりと解決したので書いておきます。

スポンサードリンク

SystemwideにてRMEを選べなくなった

Out Put Deviceに表示はされているが
"please select output device enable correction"

と表示され使用できなくなった。


なにをしたか

RMEのドライバーを1114にアップデートした。
2018-07-03_17h37_51

http://synthax.jp

のサイトをみるとそれが最新である(2018 7/3現在)


以前のバージョンは問題がなかった

私が以前に使用していたドライバーのバージョンは”1098”だ。
そのドライバーでは問題なく動作していたので、原因はドライバーだろう。
一応報告もかねてSonarworksにメールしてみた。
最新の1114で動かなかった旨の内容だ。


1114は最新ではなかった

Sonarworksの返信がほぼ即レスで驚いた。
「1114は最新ではないよ。これが最新だよ」
とご丁寧に直リンまで送ってくれた。

2018-07-03_17h43_33


最新にしたら問題なく動作した

普通に動くようになりました。


スポンサードリンク

おわりに

メーカーサイトと日本代理店のサイトで、配布してるドライバーの最新に食い違いがあるとは思いませんでした。
何か問題があったらメーカーサイトを見てみるのも解決につながるかもしれません。
実は、Reference4を購入直後にマイクに初期不良があったのですが、そのときも
SonarWorksは迅速に交換対応してくれました。
いいメーカーです。

↑このページのトップヘ