熊谷まさひろのブログ

熊谷まさひろのブログです。

スポンサードリンク

Cubaseの入出力のはなし。
入出力を設定しないと音でないよね~

Cubaseの最初のハードルだったりするんだけど
最初に一度組んでしまえばその設定が保持されるので通常使用には問題ありません。
ですが、プリセットとして保存しておくと後々便利ですよ。というお話。

スポンサードリンク

プリセットとして保存しておこう


「設定保持されてるならわざわざやらなくてヨクね?」
だよねー。Cubaseの初期設定系ってとっつき難くて
とりあえず音が出てるならもう触りたくないよね。
でもしっかりプリセットとして保存しておかないと後で何度も設定しなおす事になるかもよ?!
そう、ある日突然設定が変わって音が出なくなったりするんだな、コレが。

勝手に変わるの?いつ?なんで?


57
ひゃー!未接続だーっ!やりなおさなきゃー。
原因は大体...
・ノートPCでオーディオインターフェイスは外のスタジオのものを借りた
・内部のASIOで起動する
ま、よーするに「違う環境で起動する」と設定やりなおしですね。当たり前。
僕は出先からリモートデスクトップで曲を書き出したりとか
オーディオインターフェイスを使わずに使用する事がよくあります。
今まで使ったことのない機材を使用するならまだしも
普段よく使う数種類程度ならプリセットとして保存しておくのが賢いです。

どうやってプリセットとして保存するか


以下手順


  1. 赤枠内の「+」をクリック
    1
  2. プリセット名を入力してOKを押す。今回は内臓の「generic low latency asio driver」をしようするので「GenLowAsio」とする。
    2
    以上!
    呼び出すときは「プリセットの横にあるプルダウンメニューから選べるよ。
    他にも「入力」タブや「スタジオ」タブでも同じように保存できます。
    2in2out程度のAudio I/Fなら気にならないけど
    入力チャンネルが多いと再設定に結構時間を使いますからね
    プリセットで呼び出せるとすごくいいですよ。

「VSTコネクション」画面はF4だよ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


ProToolsのメモリロケーションってかっこよくね?

14
各セクションに名前とマーカーをつけてクリックひとつで飛ぶんだよ。
我が家のCubaseもこんなふうにしたいぞ!

やってみよう!

スポンサードリンク



Cubaseのマーカーって普通こうじゃん?
デフォルトで見えるのは番号が割り振られたIDと、ポジション情報のみ
 マーカー

多分みんなこうでしょ?
ちゃんとクリックして飛ぶから、いいっちゃいいんだけど・・・
わかりやすくセクション名表示したい!

ProToolsみたいにしたい!

つまり
01

簡単ですよ!

1.画面下部にあるスクロールバーを右に
右に

2.隠れていた「内容」タブが見えてくるのでそれを「ポジション」の前にドラッグ
 ドラッグ

できた!
マーカーfix
 

ちなみに↓枠内の「e」をクリックして
e
 
出てくる小窓(名前なんてなんでもいいんだよ
 小窓
これも上記と同様の手順でレイアウト変更できます。

スポンサードリンク



この小窓、常に表示させとくとなんかソレっぽくていいんだよね!
エンジニアじゃないからそんなに使わないけどねっ!

10番以降のマーカーにもショートカットを設定すれば、キーボード操作で飛べますよ。
[Cubase]10番以降のマーカーへ移動するには

スポンサードリンク

オーディオの録音完了後に他の作業中
間違って上書き録音しちゃうことありません?
ない?それならいいけど・・・

うちはよくあります。

スポンサードリンク



コレ↓
上書き

も~めんどくさい。
いちいちアンドゥーですよ

一念発起!防止しよう!
録音不可にするのだ

録音不可

わかります?
「インプットのルーティング」を「バスなし」にするんですよ!
するとどうでしょうRecボタン自体グレーになってるじゃありませんか。

まぁ~なんと言うことでしょう
あんなにわずらわしかった操作ミスがこんな簡単な作業で。

やったね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Cubaseのエクスプレッションマップを使ってTrilianを制御するときに手間取ったのでメモ

---追記----
もう少し分かりやすく書き直したいけど、無理なので
とりあえずファイル置いておきます。
Trilian_E_Bass_Keyswitch
右クリックダウンロードしてください。
ノークレームで。

スポンサードリンク


-----------------

マニュアル読んでも解説サイト通りに設定してもうまく動きませんでした。
うちの環境由来かもしれませんが解決したので書いておきます。


具体的な問題は
・とにかくキースイッチに反応しない
・反応したのはいいけど通常の演奏モードに戻らない

でした。

・問題1
キースイッチに反応しない問題ですが、以下の画像のように設定するとちゃんと切り替わりました。
エクスプレッションマップ


Trilian側では「E1~A#1」まで指定されていましたが「E0~A#0」に
変更することによって奏法が切り替わりました。

無事解決です。

・問題2
アーティキュレーションを指定していない場合は通常のレガートモードにもどるはずなのですが
一番上の「GlisUp」に戻ってしまいます。
指示してないのにずっとグリスアップしてんの。
この人指の皮なくなるよっ!!

じゃあ一番上に追加するかってことで
エクスプレッションマップ2

1. 一番上に「+」ボタンで便宜上「Legato」と名前を付けたものを追加
2. 出力マップは空欄でいいです。1番の作業だけでいいです。

これで解決しました。

奏法でグリスアップを指定してるときはちゃんとグリスに矢印ついてます。

グリス時

指定なしのときはレガートにちゃんといってますね。

レガート時

スポンサードリンク


よかったよかった。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ