熊谷まさひろのブログ

熊谷まさひろのブログです。

スポンサードリンク

Cubaseのエクスプレッションマップを使ってTrilianを制御するときに手間取ったのでメモ

---追記----
もう少し分かりやすく書き直したいけど、無理なので
とりあえずファイル置いておきます。
Trilian_E_Bass_Keyswitch
右クリックダウンロードしてください。
ノークレームで。

スポンサードリンク


-----------------

マニュアル読んでも解説サイト通りに設定してもうまく動きませんでした。
うちの環境由来かもしれませんが解決したので書いておきます。


具体的な問題は
・とにかくキースイッチに反応しない
・反応したのはいいけど通常の演奏モードに戻らない

でした。

・問題1
キースイッチに反応しない問題ですが、以下の画像のように設定するとちゃんと切り替わりました。
エクスプレッションマップ


Trilian側では「E1~A#1」まで指定されていましたが「E0~A#0」に
変更することによって奏法が切り替わりました。

無事解決です。

・問題2
アーティキュレーションを指定していない場合は通常のレガートモードにもどるはずなのですが
一番上の「GlisUp」に戻ってしまいます。
指示してないのにずっとグリスアップしてんの。
この人指の皮なくなるよっ!!

じゃあ一番上に追加するかってことで
エクスプレッションマップ2

1. 一番上に「+」ボタンで便宜上「Legato」と名前を付けたものを追加
2. 出力マップは空欄でいいです。1番の作業だけでいいです。

これで解決しました。

奏法でグリスアップを指定してるときはちゃんとグリスに矢印ついてます。

グリス時

指定なしのときはレガートにちゃんといってますね。

レガート時

スポンサードリンク


よかったよかった。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ