熊谷まさひろのブログ

熊谷まさひろのブログです。

スポンサードリンク

Cubaseはオートメーションの記録モードがいくつかあります。
つかいこなすととても便利なので、覚えましょう。
”F6”で”オートメーションパネル”を開き”Fill”と書かれた欄でモードを変更します。
2018-05-05_18h31_09


実際によくつかうのはLoopモードだけです。


スポンサードリンク

To Punchモード 使用頻度”低”

To Punchモードを解説します。
デフォルトの状態で、以下の画像のようにフェーダーを動かしたとします。
2018-05-05_18h36_53

これを、To Punchをオンにした状態で記録すると以下の画像のようになります。
2018-05-05_18h33_27

マウスをクリックした地点(記録開始)”からマウスを放した位置(記録終了)”の値が
統一されるので、上の画像のようになります。

正直あまり使いません。



To Start 使用頻度”低”

To Startについて解説します。
デフォルト状態で、下の画像のようにフェーダーを動かしたときに
2018-05-05_18h36_53

下記の画像のようになります。

2018-05-05_18h45_58

マウスを放した位置(記録終了)”からプロジェクトのスタート地点の値が
統一されます

あまり使いません。



To End 使用頻度”低”

To Endの解説です。
To Startの逆バージョンかと思いますが、厳密には違います。
”マウスを離した地点”から”プロジェクトの終わり”まで値が統一されます。
が、画像のように、その経緯も記録されます。
2018-05-05_18h51_17

To Startの逆バージョンとして扱いたい場合は
下記のように”To End”と”To Punch”を一緒に選択する必要があります。
2018-05-05_18h55_08

これもあまり使いません。




Loop 使用頻度”高”

Loopモードについて解説します。
Loopモードは”ループ範囲内記録終了時”の値に統一します。
2018-05-05_18h58_58

しかし、注意が必要です。

オートメーションが”空”の状態で入力すると、下記の画像のように
実質”To End”状態で記録されます。
2018-05-05_19h08_20

ですので、事前に現在の値を記録しておく必要があります。
2018-05-05_19h08_58



Gaps 使用頻度”使わない”

Gapsですが、普通は使わないので無視しましょう。



おすすめの使い方

長いので、動画にしました。


  1. まず、フェーダーを動かさないように一度クリックします。
    2018-05-05_19h27_19
  2. すると、両端に1点ずつ記録されます。
    2018-05-05_19h28_25
  3. この状態でフェーダーを動かすと、ループ間のオートメーション調整が楽です。
    2018-05-05_19h29_45


スポンサードリンク

おわりに

動画増やそうかな

スポンサードリンク

ProToolsのオートメーション編集はとても使いやすいです。
Cubaseは一歩劣るように感じますが、設定次第で結構使いやすくなるので
すこしいじってみましょう。


スポンサードリンク

波形を表示する


まずデフォルトの状態を見て見ましょう。
2018-04-27_19h50_23

上に波形が表示されていて、オートメーショントラックは”線”が表示されているのみです。

下段のオートメーショントラックにも波形を表示させてみましょう。

キーボードの”F6”か下記の場所をクリックして”オートメーションパネル”を開きましょう。
2018-04-27_19h52_34

すると、以下のような”オートメーションパネル”が表示され、オートメーションに関する
さまざまなことが設定できます。
2018-04-27_19h54_11

  1. オートメーションパネルの歯車アイコンをクリックします。
    2018-04-27_19h55_26
  2. ”トラックのデータを表示”のチェックボックスをオンにしましょう。
    2018-04-27_19h55_56

これで、オートメーショントラックにも波形が表示されるようになります。
2018-04-27_19h57_28

断然こっちの方が使いやすいですね。



すばやくオートメーションを書き込む


一度、仮のオートメーションを書き込むと探す手間が省けて楽です。

たとえば、エフェクトのMIX量をオートメーションで調整したい場合
パラメータの追加から該当エフェクトを探して、その中からMIXパラメータを探す必要があります。
2018-04-27_19h59_19

操作が多く非常に面倒なので、すばやく出来る方法を紹介します。

  1. まず、オートメーションを書き込みたいエフェクトの”W”をオンにしましょう。
    2018-04-27_20h02_24
  2. 曲を再生しながら、書き込みたいパラメータのノブを一回クリックしましょう。
    2018-04-27_20h04_02
  3. 再生を止めたあとに、オートメーショントラックの”ボリューム”と書かれたところをクリックすると
    先ほどクリックしたパラメータが一番上にきます。

    2018-04-27_20h06_30

あとは、先ほど書き込んだオートメーションを削除して、マウスで書き込むだけです。2018-04-27_20h09_10

探す手間が省けるので、この手順の方が圧倒的に早いです。


スポンサードリンク

つづきは次回

便利な機能はいっぱいあります。
続きは次回。

スポンサードリンク

イコライザーの説明3回目です。
今回は、イコライザーの種類を解説します。


スポンサードリンク

ベルタイプ

ベルタイプは、指定した周波数の周辺をカットしたりブーストしたりします。
2017-10-22_18h47_25

一般的に「○○ヘルツをカットorブースト」という場合は、ベルタイプのEQを使います。


シェルビングタイプ

シェルビングタイプとは、指定した周波数より上、或いは下をブーストorカットします。
2017-10-22_18h50_35

2017-10-22_18h51_37

「○○ヘルツより上をシェルビングでカット」などと言ったりします。


カットフィルター

フィルターは、指定した周波数より下、或いは上をカットし、シェルビングのカットより強く効きます。
2017-10-22_18h54_03

2017-10-22_18h54_43

指定した周波数より下をカットする場”ハイパスフィルター”や”ローカット”などと呼びます。
反対に、指定した周波数より上をカットする場合は
”ローパスフィルター”や”ハイカット”などと呼びます。

「ハイパスフィルターを100hlzまで入れる」とか「100から下はローカット」というように使います。


スポンサードリンク

まとめ

EQの説明は今回で終わりです。

さまざまなメーカーのEQがありますが、機種によって挙動が少し変わります。
フィルターが緩やかなものや、強烈に効くものなどなど。
機種による特性を把握して使いこなすのも楽しいですが
DAW付属のEQは基本的に優秀です。
もし違いがわからないなら、視認性の良さなど、使い勝手で選びましょう。


じゃ

スポンサードリンク

イコライザーの説明の第二回です。
各パラメーターについて解説します。


スポンサードリンク

”Gain”で増減を決める

”Gain”というパラメーターで、ブーストやカットの量を調整します。
単位は”+5.0db”や”-5.0db”などのように”db(デシベル)”であらわします。

2017-10-22_18h28_36


”ヘルツ”で増減する周波数を選ぶ

機種によって表記はさまざまですが、”Frequency”という”Hlz”を選べるパラメータがあります。
そのパラメータでヘルツを指定することにより低い音や高い音を大きくしたり小さくしたりできます。
2017-10-22_18h33_42

2017-10-22_18h34_39


”Q”で幅を決める

”Q”キューというパラメータを調整することにより、増減する幅を決めます。
”キューを狭く”すると、ピンポイントで増減ができ、
”キューを広く”すると指定したヘルツを中心に、幅広く増減できます。

2017-10-22_18h38_20

2017-10-22_18h39_16


スポンサードリンク

おわりに

最近のイコライザーは、視認性が良いので使えばすぐに理解できると思います。
どんどん使いましょう。

じゃ

スポンサードリンク

音楽制作には欠かせない”イコライザー”について説明します。


スポンサードリンク

イコライザーまたはイーキューと呼ぶ

一般的に”Equalizer”や”EQ”と表記して、イコライザーやイーキューと呼びます。

主にグラフィックイコライザーとパラメトリックイコライザーの2種類ありますが、
DTMでは基本的にパラメトリックイコライザーを使います。


音質を調整するエフェクター

高音域や低音域を強めたり、弱めたりすることができ、音質の調整をすることができます。
2017-10-22_17h47_31

また、不要な音域をカットすることもできます。
2017-10-22_17h50_29



音の高低を”ヘルツ”で表す

イコライザーの画面では、左側が低い音で右側が高い音を表しています。
20hlz 100hlz 500hlz 1000hlz…..などのようにヘルツという単位で音の高低を表し、数字が大きいほど高い音になります。



身近にあるイコライザー

電話の声にもイコライザーがかけられています。
声の主成分以外をカットすることによって、声以外の音を低減し言葉を聞き取りやすくしています。

2017-10-22_18h06_48

スマートフォンの音楽プレイヤーにもイコライザーが備わっています。
”Pop”や”Rock”などの表記ですが、基本的にはイコライザーで低音域や高音域を強調したりしています。


スポンサードリンク

おわりに

効果のわかりやすいエフェクターなので、使えばすぐに要領をつかめると思います。
次回は、各パラメータの解説をします。

↑このページのトップヘ