寒いですね。
せっかく暖房で温めても、窓やドアなどから暖気が逃げていくそうです。
うちなんかは、隙間風もあるので、冷気が直接的に入ってきます。

やっつけてやりましょう!


低予算がテーマだったので、みんな大好きダイソーの商品で挑戦したところ、ちょっと驚く効果があったので紹介します。

気温差1.2度!

12.2度。施工前の気温です。
2017-01-07 19.52.15

寒いでしょう、これは。

次に施工直後の気温です。
2017-01-07 20.17.48

13.4度に上がりました。その差1.2度!直後だぜ?

数字だけ見ると、劇的に変わったとは言えないのですが、
体感上は雲泥の差です。
今までは、ドア付近に立ちますと、足で冷たい風を感じることができましたが、
施工後は、隙間風を一切感じなくなりました。

エアコンの設定温度を2度下げれた

施工前は、26度に設定して、やっと人並みの暖かい暮らしを送れたのですが、現在は24度で暖かいです。もうちょっと下げてもいいぐらいです。

窓や、ドアなどは、冷暖房効率にとっては敵なんですね。

使用した商品

「アルミシート」を使用しました。用途に、「レジャーシート」や「お風呂の保温」と書いてある、ちょっと厚手の商品です。
仙台土産の、「牛タン」の包装に使われているものと似ていますね。

施工方法

ドアの内側(部屋側)にアルミ面が来るように、両面テープで貼り付けました。

写真を見てもらえばわかると思うのですが、ドアより数Cm大きくカットしてドアを閉めるときに巻き込むように貼り付けました。

2017-01-07 20.17.39

このようにすることで、隙間を埋める役割も持たせ、気密性を上げる狙いです。結果、ばっちり隙間風も防げましたよ。
ドアを閉めにくくなるのが難点ですが、寒いよりはいいです。ミュージシャンなので、閉めにくいドアには慣れていますしね。

デメリット

良いところばかり、挙げました。信憑性を持たせるために、すこしディスってみようと思います。

  • 見た目が最悪

これにつきますね。ご覧ください↓
2017-01-08 12.32.34

とても人を招く気にはなれない様相になりました。なにか、風水的にも悪そうな予感すらします。知らないけど。

見た目を気にするなら、百均といわずに、ちゃんとしたものを買ったほうがいいですね。

磁石の力で勝手に閉まる、IKSTARの網戸タイプのものや、カーテンタイプのものは、非常に使い勝手がよさそうですね。

おわりに

施工経費と、節約される電気代を考えると、中々踏み切れない防寒対策ですが、これは早くやったほうがいいですね。なんか、あったかさのパワーが違います。
そう、体感が全然違うから、ボロ家の人!やってみて!

じゃ!