cubaseでボリュームを操作するのは、一般的には「オートメーション」を使います。
それ以外にも、下図のように波形ごとに柔軟に操作できる方法があるので紹介します。
2017-08-01_18h03_31


スポンサードリンク

イベントに直接書き込む

  1. 「鉛筆ツール」を選択する
    2017-08-01_18h06_01
  2. イベントに直接書き込む
    2017-08-01_18h07_17
    マウスでクリックすると、青い線が表示されますので、書き込みましょう。リアルタイムで波形が変化します。

以上です。
次に他の操作方法を紹介します。


書き込んだ点を削除する

  1. 「shift」を押すと、カーソルが「消しゴム」に変わります。
    2017-08-01_18h08_49
  2. その状態でクリックすれば、点が削除できます。
    2017-08-01_18h10_28



ただ点だけを打つ

「Ctrl」を押しながらクリックすると、カーソルの位置に関わらず、点だけを打つことができます。
2017-08-01_18h23_54


機能の使用例

たとえば、僕はバスドラムのディケイを調整するときによく使います。

普通は、イベントの長さを調整したあとに、フェードアウトさせるのですが。2017-08-01_18h27_41

2017-08-01_18h32_04


この機能なら、かなり細かく調整できます。

2017-08-01_18h33_24

もしくは、アタックを消して、残響音だけを使うとか。
2017-08-01_18h35_00


スポンサードリンク

まとめ

使用頻度の多い機能とはいえませんが、知っていると、とっさのときに役立つかもしれません。

じゃ。