数回にわたって、コンプレッサーについて解説してきました。
ざっくりまとめたいと思います。



スポンサードリンク

音量差を少なくしたいとき

コンプレッサーのもっとも代表的な目的は、”音量差を少なくする”ことです。
歌の音量調整を例にします。

普通、AメロやBメロよりも、サビの方が大きな声を使うので、音量が大きくなります。
2017-10-13_17h25_33

一般的に、楽器隊の音量もサビで上がりますが、歌と比べると、音量差は小さい傾向にあります。
ですので、Aメロで音量を合わせると、サビ歌が大きくなり過ぎますし、
反対に、サビで音量を合わせると、Aメロが聞こえにくくなります。
これを解消するために、コンプレッサーで大きな音を圧縮して、音量差を少なくします。

2017-10-13_17h31_35

これがもっとも代表的な使い方ですね。じゃ次


アタック成分を強調したいとき

”Attack”と”Release”の組み合わせで、音のなり始めの部分である”アタック音”を強調することができます
ギターのカッティング奏法などを、よりパーカッシブに聞こえるように演出する使い方です。

音のアタック部分を圧縮せず、余韻部分のみ圧縮することで
相対的にアタック部分が強調されます。
2017-10-13_17h56_20

ドラムのスネアなどに使用すると、「タン」が「ッタ」になったように聞こえます。


音圧をあげる

密度が高い波形は、密度が低い波形と比べて音圧が高いです。

2017-10-13_18h04_02

大きな音を圧縮して、小さな音を相対的に大きくすることによって、こうなります。
マキシマイザーを使ったほうが簡単にできます。


音量差が重要な場合はコンプレッサーを使用しない

たとえば、段々音量が大きくなる音があったとします。
2017-10-13_18h17_25

これにコンプレッサーをかけると、以下のようになります。

2017-10-13_18h18_23

小さい所と、大きな所の差が無くなってしまいました。

クレッシェンドやデクレッシェンドは、音量差を表現する奏法です。
その音量差をコンプレッサーで圧縮してしまっては、元も子もないので注意しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ごらんの通りコンプレッサーは、非常に強力なツールです。
しかし、その反面”かけ過ぎ”状態に陥りやすいので、塩梅に注意が必要です。
ほとんどのトラックに使用するだけに、何のためにコンプレッサーを使用するのか
”目的”をはっきりさせてから、使いましょう。

じゃ