音楽制作には欠かせない”イコライザー”について説明します。


スポンサードリンク

イコライザーまたはイーキューと呼ぶ

一般的に”Equalizer”や”EQ”と表記して、イコライザーやイーキューと呼びます。

主にグラフィックイコライザーとパラメトリックイコライザーの2種類ありますが、
DTMでは基本的にパラメトリックイコライザーを使います。


音質を調整するエフェクター

高音域や低音域を強めたり、弱めたりすることができ、音質の調整をすることができます。
2017-10-22_17h47_31

また、不要な音域をカットすることもできます。
2017-10-22_17h50_29



音の高低を”ヘルツ”で表す

イコライザーの画面では、左側が低い音で右側が高い音を表しています。
20hlz 100hlz 500hlz 1000hlz…..などのようにヘルツという単位で音の高低を表し、数字が大きいほど高い音になります。



身近にあるイコライザー

電話の声にもイコライザーがかけられています。
声の主成分以外をカットすることによって、声以外の音を低減し言葉を聞き取りやすくしています。

2017-10-22_18h06_48

スマートフォンの音楽プレイヤーにもイコライザーが備わっています。
”Pop”や”Rock”などの表記ですが、基本的にはイコライザーで低音域や高音域を強調したりしています。


スポンサードリンク

おわりに

効果のわかりやすいエフェクターなので、使えばすぐに要領をつかめると思います。
次回は、各パラメータの解説をします。