DTM操作においてショートカットキーは欠かせません。いざ実行したい操作があっても「えーっと」なんてマウスで探したり、「Ctrl+・・・えーっと」なんて、まごまごしていては作品の鮮度が下がります。頻繁に使う操作は可能な指に覚えさせて直感的にDAWソフトをコントロールしていきましょう。

マウスオーバーすれば表示される

さすがStudioOneですね。他のDAWソフトより設計が新しい分ユーザーに優しくなっています。

ご覧の通り「再生」や「停止」、「録音」などの基本的な操作は、マウスカーソルを上に置くだけで、現在のショートカット設定が表示されます。

Trans_Pray

Trans_Rec

ぱっと見て再生は「Enter」、録音は「テンキーの*」とわかりますね。素晴らしいです。

他にも「分割ツール」や「消しゴム」ツールなどのエディット類も、同じようにマウスオーバーすれば現在割り当てられているショートカットが把握できる仕様になっています。

Edit1

Edit4

こちらも一目見て、矢印ツールは「1」、消しゴムツールは「4」とわかりますね。

トランスポート(再生や停止など)とエディットツールはショートカットの使いこなしが必須なので、出来るだけ早めに把握して体に叩き込みましょう。

しかし、優しいのはここまでで、他の操作は自分で調べる必要があります。

ショートカットキーの調べ方

実はマウスオーバーでショートカットが表示されるのは、トランスポートと編集ツール程度で、他の操作は表示されません。

Track_Rec


Track_Mon上記の画像の通りにただ単に「録音」、「モニター」と操作名が表示されるだけです。

ですのでこの操作名を頼りにショートカットを検索する必要があります。

ショートカットを検索する

今回は一例としてトラックの「ミュート」を検索してみましょう

Track_Mute

「M」マークの操作名はマウスオーバーしたことによって「ミュート」と判明いたしました。

  1. メニューから「StudioOne」-「キーボードショートカット」へ進みます
    ShortCut
  2. 検索窓に「ミュート」と入力
  3. いくつか検索にヒットしますが、今回はトラックのミュートなので「トラック
    ツリー」の下の「ミュート」を選択します。
  4. 右側に現在割り当てられているショートカットが表示されます。
    AssinMute

いかがですか?簡単でしょ?

気付いた方もいらっしゃると思いますが、ショートカットを自分で割り当てる事もできます。

自分でショートカットを割り当てよう

DTMソフトの操作は多岐にわたるため、すべての操作にショートカットが、割り振られているわけではありません。デフォルトの状態でも十分ではありますが、よく使うコマンドは適時割り当てていくと、作業が楽に進みます。

今回はブログで紹介するために頻繁に開くことになった「ショートカット」にショートカットを割り当てたいと思います。

  1. 前回の手順と同じように「ショートカット」を検索しましょう。
  2. すると、画像の通り現在何も割り振られていないのがわかります。
    KeyShorcutNonAssin
  3. 「キーを入力」欄に好きなキーを入力するのですが、既にに登録があるとキーだと上書きしてもいいどうか聞かれます
    KeyArat
    こればっかりはキーの総数が足りないので結局はトレードオフになります。空いているキーがあればラッキー、なければ使用頻度の少ないものを代替しましょう。
  4. 今回はちょうど空いていた「!」(shift+1)を入力しました。「アサイン」をクリックして登録しましょう
    keyassin

  5. 以上です

いかがでしょうか?簡単ですよね?

キーボードのショートカットは気付いたときに即やってしまうのがもっとも良いです。すぐやりましょう。

ショートカット設定をバックアップしておこう

パソコンは必ず不具合が出ます、あるいはパソコンの買い替えなど、DTMソフトの再インストールが必要になった場合に、設定をいちからやり直すのはとてつもない作業量になります。なので、適時設定内容を書き出して、バックアップしておきましょう。

  1. キーボードショートカット画面の下部「キーボードマッピングスキーム」の、プルダウンメニューの中から「エクスポート」を選択します。
    KeySetEx
  2. 自分でわかりやすい名前を入力して保存しましょう。
    KeySchemeSave
  3. StudioOneの再インストールなどで自分のプリセットを読み込む場合はインポートから
    KeyImport
  4. 保存してあるキースキームファイルを開いて読み込みましょう。
    Keyimport2

いかがでしかた?ちょっとめんどくさくなってきた?

なぞの不具合ってのは、ほんとになぞのタイミングで出て、ショートカットの設定だけ消える、なんてのはザラにあります。これも気付いたときに、こまめにバックアップしておきましょう。

もし保存場所がわからなくなったら、Windowsの検索で「keyscheme」と入力して検索すれば出てきます。慌てずに。

おわりに

何気に本題は「ショートカット設定の保存」ですね。パソコンのお引越しなんてしないぞ、と思っていても突然のタイミングでやってきたりします。細かな設定をやり直すと、それだけで一日が終わってしまうので、そういったことも普段から見越して準備しておきましょう。

あ、クオンタイズのショートカット、「Q」は普遍なので変えない方がいいです。