4度進行によるシークエンスのカウンターラインは、7thが次のコードの3rdにはいり、それが残ってそのまま次のコードの7thになり・・・・・という連結になる。そうするとこのラインは二つ存在することになり、この二つがメロディーラインとカウンターラインとに分かれることが多い。

ちょっと何言ってるか分かりません。この本に書いてありました。

解説してみます。

例えば「Am7-D7 GM7-CM7 F#m7b5-B7 Em ~」のようなコードです。jazzによくありますね。このコードトーンの中にはラインが二つあります。と書いてました。
まずは「Am7」の7th「ソ」から始まるライン

コード Am7 D7 GM7 CM7 F#m7b5 B7 Em
音名 ファ# ファ# ミ   レ#
音程 7th 3rd 7th 3rd 7th   3rd 7th

4Seek

一応画像版も↑

もうひとつは「Am7」の3rd「ド」から始まるラインです。

コード Am7 D7 GM7 CM7 F#m7b5 B7 Em
音名
音程 3rd 7th 3rd 7th 3rd 7th 3rd

4Seek2


見事に三度と七度、七度と三度が入れ替わっていますね。

一応楽譜も。青が3rd-7thの流れで、赤が7th-3rdになってます。最後だけ違うけどね。
4Seek_Score


引用文の通り、この二つがメロディーとカウンターに分かれてくれたらいいのですが、跨いじゃうケースはカウンターがつくりにくいようです。

例えば「フライミートゥーザムーン」

「フライ みー トゥー ザ ムーン」はメロディーがこの二つのラインを両方にまたがっており、カウンターラインがつくりにくい。

だそうです。
実際に見てみましょう。それっぽく両方をまたぐメロディーにしてみました。
Like_a_Flyme

緑色がメロディーラインです。どうですか?CMaj7の3rdである「ミ」から入って、最後は7thの「シ」です。次の小節も同様ですね。この手の「またぐ系」のメロディーは、僕も編曲した経験があります。苦労した覚えがあるなー。どうやってたかな、忘れちゃった!
「Fly me to the moon」は、沢山カバーされていますから参考になりますよ。

そもそもカウンターラインって何?

総じてカウンターラインとは、メロディーラインと美しい対象をなし、メロディーとコード進行をさらに浮き立たせるものである。


らしいです。「裏メロ」なんても呼ばれたりしますよね。「対象」ですからね、基本的にはカブるのはよくないですよ。あと、ベースラインとのかぶりも気をつけないと。大変ですね。

カウンターラインのためだけにこの本買ったけど

パラパラめくって、「カウンターラインをつくりにくいメロディー」に目が留まって衝動買いしました。


素っ気ない見た目なんですが、内容が超充実です。しかも千円。
他にも「経過和音」や「ずらし和音」「補助和音」など、曲作りやアレンジに生かせる知識がしっかり入ってます。
かなり御堅い雰囲気ですが、クラシックピアノ出身の人がポップスのコードを学ぶには非常に分かりやすいのではないでしょうか?薄いクセに課題もそれなりにあるのでオススメですよ。
ポップス出身の人は、よくわからない事が多いと思うのでやめたほうがいいかな。僕もよくわかりませんでした。

スポンサードリンク

おわりに

なんだか、尻すぼみな文章ですいません。エクセル表とか楽譜とか張ってたら疲れちゃった。ポップスの人向けっぽいコード解説本のアフィ貼って終わりにしますね。

じゃ