セカンダリードミナントを学んできました。今回はそれらの進行と、偽終止について勉強します。

4度進行

セカンダリードミナントを使用した定石進行があるようです。勉強しましょう。

C A7 D7 G7 C
Ⅱ度の属7 Ⅴ度の属7 (ドッペル)     Ⅴ7


このように4度でポンポンポンとコードを繋いでいけます。ありがちですね!
この手の進行を「ドミナント進行」や「4度進行」というそうです。

ドミナントモーションの偽終止

偽終止ってなにかというとですね、主和音にいかない終止形のことです。

C F G7 Am
Ⅴ7   Ⅵ(偽終止)


C F G 7 C
Ⅴ7 Ⅰ(完全終止)

上が偽終止で下が完全終止です。

普通は「G7」のあとに「C」で解決するところを、あえて「C」によく似た「Am」を使うことによって、ちょっとしたひねりを加えてるわけですね。

こいつがドミナントモーションにも適用されるようです。

C E7 F
Ⅵ度の属7 Ⅳ(偽終止)


本来は「E7-Am」の流れのところを「F」にして偽終止になってます。これもありがちですから、なんてことないですね。

偽終止のことを考えていたらペンが止まりました。この辺で勘弁してください。

スポンサードリンク

おわりに

これって、役立つのか?