どの編曲も他のものより一層正しいということはない。最後の選択はただ個人の好みにかかっている。

ゴードン・ヤコブ管弦楽法より引用

なんて素晴らしい言葉なんでしょう。こんなに勇気を与えられる言葉は、僕は他に知りません。ってことで以前書いた「[DTM]ハープのグリッサンドの打ち込み」で紹介したゴードン・ヤコブ氏の管弦楽を紹介したいと思う。


たった120ページ

薄いんですよ。しかも名著、名作。

  • 弦楽
  • 木管楽器
  • 金管楽器
  • 打楽器
  • その他...

各楽器の仕組み、音域、奏法、技法、満遍なく無駄のない文章で解説されています。持っててよかった度が一番高い本です。

ピアノの曲を弦合奏に編曲した譜例などもしっかり書いてあります。ポップス畑の人間にとっては他の本格的な管弦楽の本(高くて分厚い)と比べても圧倒的にオススメです。

中でも第一章の「緒言」は、管弦楽のみならず、ポップスの作曲や編曲に対する心構えとして普遍的な輝きを持つので、心当たりがある人は絶対に読んでおくべきです。

もっと人の事考えて作りなさいよ。

各奏者のために容易な経過句を書くこと、そして、続けさまに高い音を書いて過労といらだちを引起こしたり、管楽器のために休止が少なすぎるのを避けること、弦楽器と管楽器が嫌う嬰、変記号の多い調を避けること、などによって管弦楽作法の実際的な常識を表わせ。

息継ぎする間もないブラスアレンジってやりがちよね。僕もよくやりました、すいません。ブレスって言うのは非常に重要で、そういった当たり前なことをしっかりやっていくだけで楽曲のクオリティは上がっていくのです。もちろんジャンルによってはそんなのあえて無視したりしますけどね。

緩急はとっても大事

全体がいつもあまり厚ぼったく作られると、ハイライトを作ることも、他の部分から十分に際立って見える頂点を作ることも不可能となろう。

この曲サビどこよ?ってのあるよね。もちろんさ、もちろん、盛り上げて、盛り上がって、さらに盛り上げて終わるっ、そんな作り方をやらざる終えない特殊な場合、ジャンルもあるけど、それはあえて意識してやるもので、無意識にそれしか出来ないってのはやばいと思うよ。

ビビらず、いけっ!

”効果的”であるということを恐れるな。しかしただ効果のみを目的とするような効果を避けよ。

編曲しようとする作品の音楽的気分は、それがどのようなものであっても、管弦楽編曲はそれを強調し、高めるべきである。(中略)効果の悪用とは、不適当な手段が、ただ管弦楽の工夫されたたくみさと、知識とを見せびらかすのにだけ用いられるときに現れる。

過アレンジといいましょうか、やりすぎ。今度はそれを恐れるあまり大人し過ぎ。注意したいですね。意味があるなら大きくドンと、意味ないならやるなよ、と。

コードが間違ってる!とか言うなよ。

効果的な編曲の秘訣は、原曲の語法を編曲すべき楽器の語法に翻案することにある。よい編曲は、あたかもそれが本来の創作であるかのように、少しも編曲らしくなく響かねばならない。手短にいえば、原曲の気分を保存するために、しばしばその字句を変更する必要が生ずるのである。

弾き語り用のコードブックってあるじゃん?あれってそれようにちょっと、編曲というか簡単にしてある事が多いんだよ。アコースティックギーで弾き語りするのが目的なら難しい(細かい)コードは必要ないでしょ?ってこと。

ちなみに僕は「買った譜面が間違ってる」とたまにTwitterで呟いてます。無知乙。だって編曲してるって書いてなかったんだもの・・・。

どうでしょう?まだまだ冒頭、実際的な編曲法に触れずともこの輝きまくった言葉たち。もちろん各楽器の特徴も丁寧すぎるほどに書かれていますよ。

クラリネットはBbかA

今日では Bb および A の二種類の clarinet が用いられている。これは奏者が Bb の楽器で C を吹くと Bb の音が出、また A の楽器で C を吹けば A の音が出るという意味である。それゆえ Bb clarinet のパートは原曲の調より長二度高く、 A のclarinet は短三度高く記す。

知ってた?オレシラナカッタヨー

この手の楽器は「移調楽器」と呼ぶらしいです。以前聞いた話で、アレンジャーが持ってきた譜面が移調楽器に対応していなくて、その日のリハーサルが中止になった、という話を耳にしたことがあります。自分の身に起きたらと思うと空恐ろしくて夜も眠れません。予習はしっかりしておきましょう。僕は事前に専門の人に見てもらって確認します。

DTMer的にはどうか?

DTMerにはもしかしたら敷居の高い内容かもしれない。ピアノロールで解説してるわけじゃないからね。でも、弦と管楽器の響きの良い組み合わせ方とか、なかなか気付きにくい事柄もしっかり書いてあるから、専門書は一冊読んでみたほうがいいと思う。


おわりに

クラシックの人が読んだらオメー何様なんて怒られるような内容でした。読まないでくださいすんません。

それはさておき、なんて普遍的で素晴らしい本なんでしょう。購入後たとえ「本棚の肥やし」になったとしても、この本が醸し出すオーラは、あなたの部屋を訪れた人に、「コイツできる」と印象付ける十分な重厚さを持っています。

ハッタリのためにも一冊買っておきましょう。